人気ブログランキング |

むしくさゼミ

日時2016.7.6
発表者:勝原光希
題目 :「同所的に分布するツユクサとケツユクサにおける繁殖干渉」

繁殖干渉とは、繁殖過程で適応度の低下をもたらすあらゆる種類の種間相互作用を指す用語であり、種の共存条件や分布を考える上で、重要な役割をカギを握ると考えられている。

今回は、自身が研究している田畑に生育する一年生草本であるツユクサ・ケツユクサの系を用いて、「繁殖干渉の頻度依存性」についてのこれまでの研究と、繁殖干渉下での共存機構としての「繁殖干渉と自殖の関係」についてのこれからの研究計画についてお話しさせていただきます。
by mushikusa | 2016-07-06 10:24
<< むしくさゼミ あるカエルにおける種分化初期段... >>