2012/11/28むしくさゼミ 篠原

日 時:2012年11月28日(水)13: 20〜
発表者:篠原 忠
「カメノコハムシ亜科 Cassidinae(甲虫目ハムシ科) の分子系統および形態進化」
 
 カメノコハムシ亜科はハムシ科の1亜科であり、日本からは43種が知られている。外縁部が扁平化したカメノコハムシ類や多数のトゲに覆われるトゲハムシ類のように、特異的かつ多様な形態をした種を含んでいるが、それら形態進化プロセスについてはよくわかっていない。
 そこで本研究では、DNAの塩基配列に基づいて系統関係を推定し、本亜科の多様な形態がどのように進化しているのか解明することを目的とした。
 これまでに決定したmtDNAのCOⅠおよびCOⅡの塩基配列をもとに最尤系統樹を作成した。その結果、各遺伝子座に基づく系統樹の樹形には違いが見られた。COⅠの配列に基づく系統樹では、主にトゲハムシ類からなるクレードとカメノコハムシ類からなるクレードが存在し、カメノコハムシ類とトゲハムシ類の両者の特徴を持つ種は中間的な場所に位置した。また、形態の進化プロセスを知るために、得られた系統樹に幼虫および成虫の形態形質を復元させた。
 以上の内容を踏まえ、カメノコハムシ亜科の系統関係、形態進化プロセスについて議論し、今後の研究計画についても発表を行う。
[PR]
by mushikusa | 2012-11-27 20:44 | むしくさセミナー
<< 2012/12/3論文ゼミ 松久 2012/11/26論文ゼミ 松久 >>