<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2016. 12. 19 朴

日時:2016.12.19

発表者:朴容煥

題目:Investigating the relationships between the distribution of British ground beetle species(Coleoptera, Carabidae) and temperature, precipitation and altitude

気候変動が生物多様性におよぼす影響を予測する必要があることが、多くの最近の研究の焦点となっている。昆虫の生活史に対する温度の影響はよく研究されてきた。一方、温度の地理的な変異が群集の変化をどのように発生させるのかを知る必要がある。本研究は、 継続的な気候変動の指標として、昆虫を使用する可能性について議論する。

http://www.jstor.org/stable/3566231?seq=1#page_scan_tab_contents
[PR]
by mushikusa | 2016-12-19 11:05 | 論文ゼミ

論文ゼミ 2016.12.19 里見

日時:2016.12.19
発表者:里見太輔
題目:「Variation in the allometry of exaggerated rhinoceros beetle horns」

カブトムシ亜科16属31種を用いてオスのツノのアロメトリー分析を行い、二型の存在やminorオスよりもmajorオスの方がアロメトリーの傾きがゆるやかになることを明らかにした論文です。

URL: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0003347215003103
[PR]
by mushikusa | 2016-12-18 23:44 | 論文ゼミ

論文ゼミ 12月12日 清水健将

日時2016.12.12
発表者:清水健将

題目:「EDITOR'S CHOICE: Enhancing gardens as habitats for flower-visiting aerial insects (pollinators): should we plant native or exotic species?」

海外(特にイギリス)では、草花を楽しむ為にガーデン(garden)が設けられています。
このガーデンは、近年、大きな減少が騒がれている送粉者の餌資源として有益であると報告されつつあります。
本論文では、在来種、在来種近縁、外来種からなる植物群集のガーデンに訪花する送粉者相を観察し、
園芸植物群集が送粉者のアバンダンスにどの様な影響を与えるのかを検証しています。

URL: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/1365-2664.12499/full
[PR]
by mushikusa | 2016-12-12 10:25 | 論文ゼミ

論文ゼミ 2016.12.12 松久

日時:2016.12.12
発表者:松久聖子
題目 :Floral trait evolution associated with shifts between insect and wind pollination in the dioecious genus Leucadendron (Proteaceae)

虫媒から風媒への移り変わりは、被子植物の多くの系統で起こっており、花形質の変化を伴っているが、系統発生的な枠組みで評価されていません。また、虫媒種と風媒種では、花形質の性的二型性の程度が異なると言われています。そこで、虫媒種と風媒種を共に含む雌雄異株植物の系統(同属複数種)を使い、性的二型性の程度を含めて、虫媒種と風媒種の花形質を比較し、系統発生との関係を調べた研究です。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/evo.12821/abstract
[PR]
by mushikusa | 2016-12-12 05:42

2016年12月5日 論文ゼミ 上原

日時2016.12.5
発表者:上原勇樹

題目:「Beyond dual-lattice models: Incorporating plant strategies when modeling
the interplay between facilitation and competition along environmental
severity gradients」

2つの相互作用する植物種の生活戦略どうしのトレードオフが、環境の厳しさに従った相互作用にどのように影響するかを評価する空間的モデルについての論文です。
環境に応じた共生関係の変化は相互作用する種の戦略(競争orストレス耐性)に依存することが示されています。

URL: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022519309000265
[PR]
by mushikusa | 2016-12-05 12:55