<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

バイカツツジの送粉様式と仮雄蕊の機能

日時:2009年12月9日(水)13:20~ G318室
題目:バイカツツジの送粉様式と仮雄蕊の機能
演者:堂囿いくみ(神戸大・人間発達環境学研究科)

 ツツジ属の花は一般的に漏斗状で、5あるいは10本の雄蕊をもつ。同属のバイカツツジの花形態は特異で、花冠は平開し、5本の雄蕊のうち2本が短くなり、花粉をつくらず仮雄蕊化している。他のツツジ類に見られない仮雄蕊という形質に、何らかの適応的意義があると考えられる。本研究では、(1)バイカツツジの開花特性と送粉様式を明らかにしたうえで、(2)送粉における仮雄蕊の機能を明らかにすることを目的とした。
(1)バイカツツジの開花特性と送粉様式
 花はおよそ3日間咲いていた。開花初期に花柱は短く、柱頭は仮雄蕊の近くに位置するが,後期には花柱が伸びて、柱頭が雄蕊の葯に接近した。開花初期に葯は孔開し花粉は放出可能で、開花後期に柱頭が成熟したことから、雄性先熟であることがわかった。また、自家和合性は認められたが、自動自家受粉は認められなかった。訪花昆虫の観察の結果、バイカツツジの主な送粉者はマルハナバチ類であった。
(2)送粉における仮雄蕊の機能
 仮雄蕊の機能を明らかにするため、①仮雄蕊を除去した花を用いて、花の蜜量を操作し一定量にしたうえで、マルハナバチの吸蜜速度を測定したところ、仮雄蕊のある花では吸蜜速度が遅くなった。また、マルハナバチの滞在時間は仮雄蕊のある花で長く、花上で回転行動をする頻度が高かった。②仮雄蕊を除去した花を用いて、マルハナバチが一回訪花したときの花粉残存量を比較したところ、仮雄蕊の有無は花粉残存量に影響しなかった。さらに、開花初期(花柱短い)と後期(花柱長い)において、仮雄蕊と雄蕊の葯(自花花粉)をそれぞれ除去し、マルハナバチの一回訪花による結実率を調査した。結果,開花初期には仮雄蕊があると結実率は低いが、後期には仮雄蕊の有無は結実率に影響しなかった。また,開花後期の自花花粉のある花では結実率が高くなる傾向があった。
 以上の結果より、仮雄蕊はマルハナバチの吸蜜を邪魔し、花の蜜量減少を防ぎ、蜜分泌へのコストを減らしていると考えられる。また仮雄蕊は、開花初期の自花花粉による受粉(自殖)を回避していると考えられる。開花後期においては、仮雄蕊の結実率や花粉残存量への影響は見られなかったが、仮雄蕊はマルハナバチの回転行動を促し、マルハナバチの体と葯との接触を高めている可能性があり、多数回の訪花においては、開花後期の結実率を高めているかもしれない。


b0172980_2157897.jpg

[PR]
by mushikusa | 2009-12-08 21:54