むしくさセミナー里見 2016.6.29

発表者:里見太輔
タイトル:カミキリモドキにおける性的二型の進化
-発達した後脚のアロメトリーと形質間の関係-

動物には,性的二型を示す種が数多くみられる.雌雄間の形質の違いは,性選択の結果生じたものと考えられており,性選択の一般的理解は行動生態学における最も重要な課題の一つである.

本研究は,後脚に顕著な性的二型を示すフタイロカミキリモドキに着目し,
野外観察(個体群動態の調査),操作実験,形態測定による多角的な研究によって,個体群間変異を引き起こすメカニズムのついて明らかにする.

今回は,オス後脚が最も肥大する与那国島個体群,最も細い奄美大島個体群,そしてその中間のサイズを示す徳島個体群を対象に,複数の線形モデルのあてはめ,形質間の相関の結果について発表する.
[PR]
by mushikusa | 2016-06-29 11:45 | むしくさセミナー
<< むしくさゼミ 論文ゼミ 井上 2016.6.27 >>