20180205 論文ゼミ 寺田夏蓮


Micro-CT scanning provides insight into the functional morphology of millipede genitalia


microCTを用いて、錠と鍵の構造を持っていると考えられるヤスデの雌雄の交尾器形態を、詳細に観察しています。


http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1469-7998.2011.00892.x/abstract



[PR]
# by mushikusa | 2018-02-05 09:06 | 論文ゼミ

20180205 論文ゼミ 邑上

Macroevolutionary synthesis of flowering plant sexual systems


系統比較分析を用いて、被子植物の繁殖システムの進化経路について、①進化に方向性はあるのか、②どの進化経路の頻度が高いのか、を明らかにすることを目的としています。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/evo.13181/full

[PR]
# by mushikusa | 2018-02-05 08:19

2017.1.15.論文ゼミ.西村

Evolutionary Trade-off between Secondary Sexual Traits and Ejaculates

近年の理論モデルは雄の武器形質と装飾形質の進化的分化に働く交配前性淘汰は精液への投資とのトレードオフが有ることを予測している.しかし,過去の研究から得られた二次的性的形質と精液への投資の相関パターンは不明瞭なものが多く,この予測を支持するのに十分でない.他の生活史形質や,環境要因,交配システム,交配相手探索能力を変数として考慮することや,実験的操作や遺伝的相関を検証する実験が二次的性的形質と精液への投資間の不明瞭な相関を理解し,その根底にある形質間のトレードオフを明らかにできる可能性がある.
今回の論文では,過去に行われてきた研究や,二次的性的形質と精液への投資間のトレードオフの理論の紹介している.

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0169534717302549
[PR]
# by mushikusa | 2018-01-12 11:34 | 論文ゼミ

20171218 論文ゼミ 上原勇樹

Transience after disturbance: Obligate species recovery dynamics depend on disturbance duration
Alexander Singer, Karin Johst
Theoretical Population Biology 115 (2017) 81–88

発表者:上原勇樹

2種系のメタ個体群モデルを用いて、攪乱(期間と強度)が2種(ホスト種と共生に依存した種)の占有率にどのような影響を及ぼすかをシミュレーションしている研究です。
※ベクトル場のグラフ(図2)が出てきますが、思ったよりこわくない論文です。


[PR]
# by mushikusa | 2017-12-18 11:47 | 論文ゼミ

20171218  論文ゼミ 高島敬子

Beyond species : functional diversity and the maintenance of ecological processes and services
Marc W. Cadotte et al.(2011)

機能的多様性と生態系プロセス、生態系サービスの関係を過去の論文から再考したレビュー論文

保全活動や再生活動の目標は、生物多様性の維持やその多様性の生み出す生態系サービスの維持である。
このような活動では、種数等、種の多様性に着目した評価が行われている。しかし、種の多様性がどのように生態系機能に影響するかは形質や種によって埋められているニッチに左右される。

・Functional diversity(FD)の計測がなぜ生態学的なパターンの理解に有用で、管理に対して重要性を持つのか
・FDと種数の相関の強さが環境傾度の違いに関わらず変化しているか、FDは種数よりも生態系機能に対する説明力を示すか再考した。

HP
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2664.2011.02048.x/abstract

[PR]
# by mushikusa | 2017-12-17 14:28 | 論文ゼミ